お電話でのお問い合わせ
0120-98-2339

平日9:00〜18:00
(土日祝日休み)

お問い合わせ

Staff Blog

MOKUのスタッフがお送りするノベルティブログ

2023カレンダーもOEM、ODMのおしゃれな木製のオリジナルデザインでSDGsやESGに対応

例年この季節になると注文が増え始める季節の風物詩になりつつあります。「カレンダー」今年もカレンダー始めました。

年末に間に合うように、春先から取り掛かって、木に納得がいくまでなんどもやり直して、本日、カレンダーのコラム始めました。昨年からずっとつづくウッドショックに、何度もくじけそうになりながら、今年もあきらめずに木の卓上カレンダーはじめました。

さて、Mokuのコラムを担当していますなかのひと的、ここがポイント!をいくつかまとめてみましたのでぜひ最後までお読みください。

壁掛けのものが一般的であるなか、Mokuのカレンダーは卓上のみです。完全にオリジナルで形も素材も色々変えてこだわりにこだわったデザインも可能です。箱入れや個々のお客様への個別発送までもできます。そしてなによりも大事なことは、つかうことで日本の森を守れる環境配慮のアイテムです。ちなみに、費用を抑えたい。でも、おしゃれな感じに仕上げたい。という場合でも既存のデザインのものの名入れ(デザイン)でシンプルにロゴが映えるととっても評判で、リピーターもとっても多いアイテムになっています。

では、それぞれを詳しくみていきたいと思います。

壁掛けのものが一般的であるなか、Mokuのカレンダーは卓上のみ

カレンダーを配るというと、年末に企業やお得意先をまわって今年一年のご挨拶とともにカレンダーをおいてくる。担当者が不在でもカレンダーを置いてよろしくお願いいたします。と挨拶をされることが多いと思います。

ですが、あれってもらうほうも結構大変なことになっていますよね。

いろんな企業が年末にカレンダーを配る。をされていくことで、企業には数多のカレンダーが届きます。そして、そのなかから部署に置かれるカレンダーは多くても1,2個。そうなると数多のカレンダーから、使っておいてもらえるようなレベルのものを作らないといけなくなります。

残ったカレンダーは、欲しい人にあげるなどをされますが、ほんとに多くのカレンダーが行き場をなくして、ともすると捨てられてしまう。というのをこれまでに多く目にしてきました。

この大量生産、大量配布のやり方は、やっぱり環境によくないです。

なので、私たちのカレンダーは卓上にこだわっています。卓上なら担当者に直接お渡しできてつかってもらいやすくなりますし、おしゃれなデザインなのでご自宅などでつかっていただくケースもとっても多いです。さらに、ここ数年はリモートワーク、在宅ワーク、テレワークで会社に出社しないという状況もあって、壁掛けのタイプよりも、持って帰りやすい卓上タイプがとっても人気となっています。

完全にオリジナルでこだわりにこだわったデザインも可能です。

例えば、他のノベルティ会社の卓上カレンダーは、既製品のものでデザイン変更ができる範囲といえば、毎月の紙面の部分だけというところがとっても多いです。

ですが、Mokuのカレンダーは、台座も、紙面も完全感覚デザイナーで変更可能です。

角を丸くしたい。長方形ではなく正方形にしたい。台座をカヤックの形にしたい。スマートフォンスタンドにもなるようにデザインを2つ組み合わせたい。ペントレイと一体型のものにしたい。など

もう、全部できます。

大事なことなので繰り返しますが、

全部できます。

箱入れや個々のお客様への個別発送までもできます。

さらに、ほかのカレンダーをお取扱いの会社さまがやっていないであろうサービスとして、この箱で贈りたい。といった箱入れをはじめ、お得意様への個別の発送までも一切合切をお受けできます。

カレンダーを作ったはいいけど、特別なお客様へのご挨拶で送る際にこだわった箱に入れておくりたい。この挨拶状もつけたい。ほかのアイテムやパンフレットもつけて贈りたい。といった商品のセッティングはもちろん。

なんなら、その箱を選んで箱にもデザインを加えたり、挨拶状もこちらで印刷して、アイテムやパンフレットをセットして、お預かりしたお客様のリストに合わせて個別配送をする。までワンストップでできます。

もっと言えば、弊社提携の発送会社にておまかせいただければ個別発送の費用をすこしお安くご提案もできるかもしれません。

ぜひ、お問い合わせください!

つかうことで日本の森を守れる環境配慮のアイテム

Mokuとしてはこちらをわすれてはなりません。私たちがカレンダーをさまざまなOEM、ODMのアイテムで用いてる木は日本の木、国産材にこだわっています。

国産の木はつかっていくことで森の環境が守られます。日本の木は、海外からの輸入木材や林業や山間部の過疎化でどんどん使われなくなってしまっています。カレンダーとしてつかっていただくことで、木をつかい。森をまもり、SDGsの陸の豊かさを守ろう。気候変動への具体的取り組みを。をはじめとする環境へのゴールのほか、最大で7つのゴールに貢献します。

SDGs資料のダウンロードはこちらから

まとめ

と、Mokuのカレンダーについてでした。デザインにこだわりたいけど費用も抑えたい!という場合でも、既存のカレンダーのデザインはそのままシンプルな名入れでもロゴが映えておしゃれ!ととっても好評です。お問い合わせいただければ、サンプルを発送いたしますので、お問い合わせください!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。